【第二回】ネルコラボ〜プロジェクトを始める視点〜

※新型コロナウイルスに伴い、消毒・除菌の徹底や換気、検温やマスクの着用など対策を行い活動を行っております。

ネルコラボとは?

ネルコラボとは、広島発の企業に行かないインターンシップです。学生が、地域課題の解決をテーマに、解決方法を練り、実際に実行することまでを行います。今年のテーマは「北広島町の田原温泉が復活したら?」。元々あった温泉がなくなったということは復活しただけではまた潰れるかもしれない。復活した時に田原温泉を盛り上げるには何が必要なのか?を今年は考えていきます。
この活動を通し、学生が社会に出てからいきいきと働くために必要な能力や考え方を養成していきます。たくさんのコラボレーションとアイデアを練る(ネル)研究室(ラボ)のようなインターンシップ。それがネルコラボです。

広島市内で開催!第二回ネルコラボ

学生たちは前回、北広島町の大朝で実際に自分たちの目で見て情報収集を行いました。
第二回よりその持ち寄った情報を元に実際に自分たちが行うアクションプランを広島市内で考えていきます。

【特別講演】加藤賢一氏 理想の自分になるために

昨年まで文部科学省で官民協働海外留学創出プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」にて【高校生コース】担当しながら、全国70箇所以上で多くの学生や教師に対して講演を行ってきた加藤賢一さん。

トビタテ!留学JAPANでの経験や、世界で実際に起こった事例を使いながら理想の自分についての考えを深めるワークをしていただきました。
将来を見通すことが困難で”正解のない時代”に生きる学生たちにとってワクワクする未来を想像/創造するために、マインドをポジティブに変換すること・現代の常識を疑い何が根本に存在するのか?、そんなこれからを生きていくために必要なことをしっかりと考えるきっかけになりました。

コンピテンシー

ネルコラボが他のインターンシップとは異なる一つにコンピテンシーの存在があります。
長期間をかけ、自身の行動や考え方を意識することで、社会に出てもなりたい自分であり続ける。そんな願いを叶えるための指標を用いて活動を行っていきます。

先行事例研究を北広島町に落とし込む

 

今回宿題として、学生は地域活性化の先行事例を1人最低5個以上持ち寄りました。
今度はそれを北広島町にどのように落とし込むことができるのかを考えていきました。

問題と課題と原因と要望。それぞれ混同してしまいそうだけど決して混同してはいけないところをきちんと整理した上でグループワークで先行事例研究の共有を行っていきました。

【特別講演】松原裕樹氏 SDGsって何?

近年よくテレビのCMや街中のポスターでもSDGsという言葉をよく目にしたり耳にしたりするようになってきました。しかし、実際にどんな物なのかはいまいちわからない。

そんな問題を解決するためにきていただいたのは、ひろしまNPOセンター事務局長の松原裕樹さん。普段からSDGsの達成に向けた取り組みを民官学どの主体とも協働して取り組む、SDGsのスペシャリストです。

今回はカードを用いながら、学生それぞれの考えを大切にSDGsについて考えていきました。
難しいと勝手に思い込んでいた学生も、自分の身の回りにもこんなにSDGsの観点は存在していることを学びました。

SDGsの観点からも自分たちのアクションプランをしっかりと考えていきます。

まとめ

第二回ネルコラボではこれからのプロジェクトを進めていく上での重要な観点やマインドを学ぶことができました。プロジェクトを進める上で何か壁にぶつかった時にはぜひ今回のワークを思い出して欲しいと思います。

次回は11月21日広島市内で活動を行います!
次回はスペシャルゲストに

株式会社CUA
代表取締役 生き方ソムリエ
盛矢 澄香 氏
をお迎えし、チームで動くには何が必要なのかをテーマに講演いただきます。

次回の活動報告も是非ご覧ください!

【第一回】ネルコラボ始動!~地域の見方入り方~

※写真撮影の時にはマスクを外して撮影を行っております。
※新型コロナウイルスに伴い、消毒・除菌の徹底や換気、検温やマスクの着用など対策を行い活動を行っております。

ネルコラボ始動!

第一回ネルコラボが行われました。
テーマは「地域の見方・入り方」。地域についてやこれから半年以上を共にする仲間についてたくさん知識を得られるような機会にすることを中心に活動を行っていきました。

初めて出会う仲間たちを前に
ワクワクしている人・緊張している人様々な思いを胸に
活動がスタートしました。

【特別講演】平尾順平氏 地域の見方入り方

 

第一回のスペシャル講師はひろしまジン大学の平尾順平さんに来ていただきました。
トークテーマは「地域に入る時に気をつけていること。」
東南アジアや中央アジアなど多くの国や地域で経験してきたこと。
今ひろしまで取り組まれていること。
その中から学んだことや気づいたことなど
これまでの平尾さんの学びに
聞いている学生も興味津々!!

地域に入る時に気をつけることって?

平尾さんの話を聞いて
地域に入るとは?
どんなことに気をつけていないといけないの?

そんなことをグループごとに話し合い共有をしていきました。

フィールドワーク!

活動のフィールドになる北広島町を実際にそれぞれの目で見て体験しました。

今回ご協力いただいたのは
・大朝交通 E-BIKE
・福光酒造
・ファームブッフォ
の方々にご協力いただき3グループに分かれて研修を行いました。

 

資源回収

北広島町の大朝で今力を入れている資源回収を実際に体験しました。

資源回収を行いながら地域の方からもそれぞれお話を伺えました。

北広島町の天然資源見学

北広島町にある天然の美しさの数々。
この自然で何か他にもできることはないか!?

田原温泉

今回のネルコラボのテーマは
「田原温泉が復活したら?」です。田原温泉が復活したら継続させるためにどんなコンテンツが必要になるんだろう?と学生が新たに創造していきます。
その話の中心になるのがこの田原温泉です。

テングシデ

八幡湿原

薪活!!

薪を使って地域を盛り上げる!薪活!!
薪をかってよし、売ってよし、さらに地域も活性化させてよしのまさに三方よし!

芸北 高原の自然館主任学芸員の白川勝信さんに講演いただき
薪を使った取り組みのモデルを紹介していただき
実際に取り組みを行っている場所の見学を行いました。

ご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。

まとめ

いよいよ始まったネルコラボ。
今回実際に五感で感じて見た北広島町で一体学生は何を感じ、どのような学びをしたのでしょうか。
次回からは広島市内で活動を行っていきます。
今回の学びをしっかりと役立てて欲しいと思います。

次回は10月24日広島市内で活動を行います!
次回はスペシャルゲストに
元文部科学省 加藤賢一さん
ひろしまNPOセンター 事務局長 松原裕樹さん
をお招きし
「なりたい社会人になるためには?」「こんな身近にSDGs!」
をテーマに講演いただきます。

第一回の様子はこちらから
ネルコラボYouTube

次回の活動報告も是非ご覧ください!

【感謝!】クラウドファンディング達成!!

49名からのご支援!総額501,209円のご支援!

8月26日から9月25日の1ヶ月間でクラウドファンディング挑戦をしました。

たくさんの地元企業・学生を初め
教育関係の方・経営者の方にご支援いただき
見事達成することができました!

また、同時にたくさんの応援コメントもいただきました。

ご支援・ご協力いただきました皆さま
本当にありがとうございました。

来年の6月に支援いただきました皆様には
成長した学生と成し遂げた成果をご覧いただければと思います。

これからもネルコラボを暖かい目で見守っていただければ幸いです。
引き続きご支援・ご協力お願いします。

【進捗報告!】ネルコラボのロゴが決定!

ついにネルコラボのロゴマークが決定いたしました!

これからの活動のシンボルにもなるこのロゴマーク。
このマークに秘められた想いを今回はご紹介していきたいと思います!

ネルコラボのロゴに込められた思い

そもそもネルコラボはことわざにある
寝る子は育つ

練る子は育つ(物事を考え続ける人は成長していく)
と解釈を広げ

物事を練る中で
人や地域との交流(コラボレーション)や
一つのことに打ち込み研究ができる研究室(ラボ)
としての役割を果たしたいと思い名付けました。

そんな思いをのせたこのロゴマーク

上の棒は物事を練る様を表し、ラボという土台の上でネリネリしています。
そのラボを表す土台にも秘密が。
土台となっている部分は、ネルコラボで学ぶ「子」部分をカタカナの「コ」で表しマーク化。2つのコをつなげることでチェーンやフックのつながっている様子で「コラボ」を表現しています。

初めて見た人には
なんかシェイクみたいと言われることもありますが
色んな人や物事を巻き込んで活動を行うネルコラボ。

シェイク=物事を混ぜ合わせる
という意味が含まれているので
そんな風に思われるのも個人的には気に入っています!

これから活動を開始し、世間からたくさんの注目を浴びメディアにも取り上げられる。
そんな活動にしていきたいと思っています。
このロゴマークが支援していただいた皆様に少しでも多く見ていただけるよう頑張ってまいります。

 

協賛・寄付のご協力お願いします
〈クラウドファンディング〉

【期待膨らむ】北広島町のバーベキューに参加させていただきました

先日、北広島町を訪問させていただき
楽しい一時を過ごさせていただきました。

このネルコラボを計画し始め
北広島町のことをなんとなく分かった気になっていましたが

やっぱりネットで集めた情報と
実際に体感した北広島町は全然違いました。

都会にはない地域の人と人との距離の近さや暖かさ
地元の新鮮な野菜を使ったカレーの美味しさ
山に切り出された空に浮かぶ月と星に
山独特の自然の香り

そのどれもが写真には映らない情報ばかりで
これぞ田舎の素敵な所と思い知らされました 。

他にもたくさんの魅力にあふれている北広島町で
学生が本気で取り組んだらいったい何が生まれるのだろうと
想像するだけでワクワクしてきました。

学生が北広島町でどんなことを感じ
どんな新しいワクワクするものを物が生み出すのか

そんな期待をしながらネルコラボの活動を見守っていただければと思います。

 

協賛・寄付のご協力お願いします
〈クラウドファンディング〉

【感謝】クラウドファンディング50%達成!本当にありがとうございます

皆様本当にありがとうございます!

26日に始まったクラウドファンディングも皆様のご支援で5日も待たず50%を越え
幸先の良いスタートをきることができました。

支援者覧部分でのたくさんの応援に
ものすごく励まされているのと同時に人の暖かさをこのクラウドファンディングを通してとても感じています。

本文のところにも書いていますが、
私は高校時代に広島創生イノベーションスクールという活動をして大きく価値観が変わりました。

そこの活動で出会う大人達は自分のことを話す時
ものすごく堂々と胸を張って、自分のやってきたことや考え方を話していました。
私にはその姿がものすごくキラキラして見えました。

その時に思いました。
「自分のことをこんなに堂々と語れるキラキラした人に自分もなりたい。」と。

そこから色んなことに挑戦してきました。
オーストラリア留学やハワイ留学、中国留学など他国にいく機会を見つける度に飛び込んでみたり(ここだけ見ると英語が堪能そうですが、ノリと勢いで突っ走るタイプです。)、
グランピングイベントの運営や因島伝統の水軍祭の参加など
今まで体験したことのないジャンルへ自分のワクワクの赴くままに飛び込んで行きました。

そんな自分にとってワクワクしそうな所に飛び込むと
決まって素敵な人たちとの出会いがありました。

その出会いが新しい出会いを呼び、また素敵な人たちと繋がれる。
そんな、素敵な人に恵まれた大学の4年間だったと振り返って見れば思います。

そんな人との繋がりで、今もこうして活動している自分の姿を見て連絡をくれて
はぎ応援してるよ頑張ってという声かけや
はぎがこんな事してるんだってという情報の拡散などを目にする度に少し涙腺が緩くなります。

支援を快く引き受けてくれて
はぎのためならと
応援をしてくれる人たちを目の前に

本当に素敵な人たちに囲まれているなと
本当にありがたいことだなと
心のそこから感じます。

そんな方々の期待や応援を一身に受けながら
その期待を裏切ることのないよう
全力でこのネルコラボに取り組んで行きます。

皆様ご支援本当にありがとうございます。
これからも引き続きご協力よろしくお願いします。

 

協賛・寄付のご協力お願いします
〈クラウドファンディング〉

学生目線で見るインターンシップの参加メリットとは?

皆さんこんにちは。広島県の現大学4年生のはぎです。

今回は、インターンシップについて皆さんにご紹介していきたいと思います。

僕は3年生の夏までインターンシップって聞いたことあるけど、結局なんなの?というタイプの学生でした。そんな学生だった私が、約20社のインターンシップで体験したことを元にインターンシップについて皆様にお伝えしていこうと思います。一般的に言われているインターンシップと実際に感じたインターンシップの差など、学生目線でお伝えできればと思います。今回はインターンシップの参加のメリットについてお伝えしていきます。ぜひ最後まで読んでいってください。

 

そもそもインターンシップとは?

A .就労体験をすること

経団連では、「インターンシップは、学生が在学中に自ら専攻、将来のキャリアに関連した職業体験を行う場であり、大学教育の一環として位置づけられているものです。」(経団連 2019)とされています。

つまり、一般的に言われているインターンシップは、企業が学生に就業体験を提供し、学生が働くことを体験し、自身の将来設計に役立てる物とされています。

 

インターンシップ参加のメリットとは?

僕の考える学生にとってのインターンシップ参加メリットは、大きく分けて次3つになります。あくまで参加してみての主観も含まれているので、他の記事と合わせて一意見としてご覧ください。

最新の業界の傾向が知れる。

学生がインターンシップに参加する1番の理由は業界研究・企業研究です。インターンシップでは、ほぼ100%と言っても良いほどの確率で、業界・企業の情報を得ることができます。自分自身で調べるよりも正確で最新の数値を知ることができるため、インターンシップは業界研究に最適な場です。様々な業種のインターンシップに参加すると、それだけ多くの業界の情報を入手することができ、自身の将来選択の選択肢を増やしてくれます。

 

相対的な自分の能力がわかる

現代のインターンシップは多くが1Dayインターンになっており、そのほとんどでグループワークが行われます。グループワークは他の学生と自分の実力を知る良い機会になります。最近では、採用でグループワークを行う企業も多く、グループワークを制すものが就活を制すと言っても過言ではないと思います。

そのため、本格的に就活が始まる前に周りの学生に比べ自分は何ができて何ができないのかを判断する良い場になります。もちろん、自分の不甲斐なさに落ち込むこともありますが、本番までにできるようになれば良いだけなので、インターンシップを通して自分自身の実力をしっかりと見極めていきましょう。

 

採用に直結することもある

インターンシップは、採用に全く関係ないと言われていますが、それは大きな間違いです。近年、インターンシップで優秀な成績を残した人しか行けない「優秀者選考インターン」と言われるインターンシップも多く存在しています。優秀者インターンに選ばれた学生には特典が付くこともしばしばです。特典の例としては、早期選考会への正体や1次選考の免除、企業によってはそのまま役員面接に進むこともあります。

反対にインターンシップを無断欠席したり、態度が悪い学生などはしっかりと確認されて記録に残されています。その企業で採用してもらうことは難しいと考えた方が良いでしょう。

最近では、インターンシップ≠選考の企業はほとんどないでしょう。大抵の企業の場合、自社に会う優秀な人材を発掘する機会として、インターンシップ=選考としていると考えた方が良いでしょう。

まとめ

あくまで個人的な意見にはなりますが、現在企業で行われているインターンシップは就業体験よりも、優秀な学生を企業がどのように見つけるかに接点が置かれている気がします。

就業体験というよりも採用試験0次選考であるのが今の日本のインターンシップの現状ではないでしょうか。

つまり、学生にしてみるとインターンシップまでに能力を身につけている人の方が、就職活動は圧倒的に有利になります。インターンシップに参加する際は、気を引き締めて何かを掴んで帰る気持ちで参加してみてください。

【最終回 オンラインカフェ】おもてナシの裏ワザ社交術

!最終回!研修では教えてくれない社交術

今回のテーマは社交術

研修では教えてくれない飲み会での気を付けるポイントや
なぜそのマナーが必要なのかを
理論を用いて学んでいきました。

飲み会のマナーは気持ちよくコミュニケーションをとるため

意外と知っているようで知らない飲み会のマナー

学生が学生同士で飲む飲み会とは違い
社会人の飲み会には知っていた方が良い飲み会のマナーがてんこ盛り

社会人になって見て飲み会の席で痛い目に見た社会人の方は多いようでした笑

学生が知っておいた方が良い飲み会のマナーや
飲み会の席で気をつけている事を

社会人の方にお話ししていただき
意外と知っているようで知らない飲み会のマナーを学んでいきました。

学生は、
普段気にして飲むことがなかったので学生時代にこれを学べたことは絶対に社会人になった時に生きるのですごく勉強になりました
と、大きな学びを得たようでした。

最終回

新型コロナウイルスの影響で
時間を持て余している学生に
この時間を使って少しでも成長して欲しいと始まったこの企画

緊急事態宣言も解け
徐々に普段の生活を取り戻し始めた現状を受け

今回第十五回のこの活動を持ってオンラインカフェをひとまず終了といたします。
この十五回のべ190人を超える方に参加していただきました。

関わっていただいた皆様
本当にありがとうございました。

また、今の状況が落ち着いた時には
今度はオフラインでお会いできる事を楽しみにしています。

オンラインカフェとは?

コロナ禍の中「お家にいなさい」と言われても、活動的な学生さんにとっては、「何かしたい!」という気持ちあると思います。 なら、オンラインにみんな集合して、これから社会で役立ちそうなスキルをアップしたり、普段では会えないような経営者やプロの専門家の人たちと学びや交流のある、オンラインカフェを、2020年4月から無料で開放(スタート)いたしました。

【第十四回 オンラインカフェ】世界の今を学ぶ SDGsって結局なに?

今世界で取り組んでいるSDGs

6月3日18:00〜 第十四回オンラインカフェが行われました。

テーマはSDGs
聞いた事聞いた事はあるけど
なんだかよく分からない

そんなSDGsを今回スペシャルゲストに
ひろしまNPOセンター事務局長 松原裕樹さんをお招きして
身近な事例をもとに誰にでも分かるように説明していただきました。

そこから、学生でも考えられる社会課題解決案を考えていきました。

SDGsの解決の鍵は身の回りに転がっている!?

今回SDGsの説明を聞いた後
カードゲームを行いました。

社会課題のカードと身の回りのテクノロジーの2種類のカードを使い
テクノロジーのカードを使いどのように社会課題を解決していくのかを
ゲーム感覚で楽しみました。

聴き馴染みのなかった学生も
ゲームに参加してみて
自分にも何かできることがあるかも知れないと
SDGsを今までよりも身近に感じることができました。

オンラインカフェとは?

コロナ禍の中「お家にいなさい」と言われても、活動的な学生さんにとっては、「何かしたい!」という気持ちあると思います。 なら、オンラインにみんな集合して、これから社会で役立ちそうなスキルをアップしたり、普段では会えないような経営者やプロの専門家の人たちと学びや交流のある、オンラインカフェを、2020年4月から無料で開放(スタート)いたしました。

【第十三回 オンラインカフェ】アフターコロナ 9月入学それで良い?

9月入学を考える

5月29日18:30〜 第十三回オンラインカフェが行われました。

今回はスペシャルゲストに元文部科学省
現知事部局総務局付課長 寺田拓真さんをお招きして
9月入学について考えていきました。

9月入学で変わる社会・日本

今話題になっている9月入学

9月入学はたんに学生の問題だけではなく。
就活の採用市場や甲子園などの日本の文化にも影響が出ます。

中でも面白いなと思ったのは
桜ソングの定番
出会いと別れの季節
が春ではなくなる

などなど社会や日本の文化にも大きく影響を及ぼします。

9月入学で起こるそんな変化を考えながら
社会、学校、学生と様々な人の立場に立って議論していきました。

なんとなくニュースでみるだけでは人ごとだった9月入学も
考えてみると自分たちの生活にも影響を大きくもたらす
みんなで考えていかなくてはいけない身近なニュースであることも再確認できました。

オンラインカフェとは?

コロナ禍の中「お家にいなさい」と言われても、活動的な学生さんにとっては、「何かしたい!」という気持ちあると思います。 なら、オンラインにみんな集合して、これから社会で役立ちそうなスキルをアップしたり、普段では会えないような経営者やプロの専門家の人たちと学びや交流のある、オンラインカフェを、2020年4月から無料で開放(スタート)いたしました。